ピンボール ホームラン

【日本】JPO、AI審査支援チームの体制強化‐2023年10月1日より

2023年10月NEW

1.AI審査支援チームの発足
日本国特許庁(JPO)は、AI関連発明について、より効率的かつ高品質な審査を行う環境を整備するために、各審査部門の担当技術分野を超えて連携するAI審査支援チームを2021年1月に発足させました。
AI関連技術は複数の審査部門にまたがる融合技術であり、AIに関する技術水準の把握のみならず、様々な技術分野におけるAIの応用状況などを的確に把握する必要があることから、各審査部門が担当する技術分野を超えて連携することの重要性が増しています。

2. AI審査支援チームの体制強化
ChatGPT等の万人が容易に利用可能なAIの出現により、今後、様々な分野での創作過程においてAIが活用されることが見込まれます。
このため、これまでAI技術の活用が見られなかった分野等も含め、AI関連発明の審査をサポートできるような審査体制を整備する必要が生じてきました。
そこで、今般、AI審査支援チームの体制が強化されました。具体的には、2023年10月1日付けで、AI担当官が10名程度から40名程度に増員されました。従前は、AI担当官はAI技術の活用が多くみられる審査室に配置されていましたが、全ての審査室に1名ずつ配置することで、AI審査支援チームの体制が強化されることが期待されています。

また、AI担当官が相談に対応して蓄積した知見は、AI審査支援チームにおいて共有・整理し、有用なものについてはAI関連発明の審査事例として公表される予定です。審査事例により、出願人等にAI関連発明の特許審査の運用が分かりやすく示されるとともに、審査官がそれらを参照することで審査の迅速性・質の向上が期待されます。

詳細につきましては経済産業省の以下URLをご参照ください。