ピンボール ホームラン

【日本】特許庁、「意匠出願あるあるPART1」と「意匠出願あるあるPART2」の動画を公開

2023年09月

特許庁は、スタートアップが「まず見るサイト」、知財専門家と「つながるサイト」としてIP BASE()を運営しています。
今般、「意匠出願あるあるPART1」と「意匠出願あるあるPART2」の動画が当サイトにアップロードされました。
各動画では、意匠出願にまつわる「あるある」について、想定される場面が解説と共に紹介されています。
各動画は以下URLからご視聴いただけます。


また、IP BASEには、「知財アクセラレーションプログラム(IPAS)」の紹介もあります。IPASは、事業と知財の両面でスタートアップの成長を加速させるプログラムです。IPASでは、参加スタートアップの課題・支援ニーズに対応した知識、スキルを持つビジネス専門家と知財専門家からなる「メンタリングチーム」が、約5か月間のメンタリング(指導)を通じて、参加スタートアップのビジネス戦略の診断・ブラッシュアップを行い、ビジネス戦略に連動した知財戦略の構築を支援します。
これにより、スタートアップが知財を戦略的に活用し、競争力を失うことなく成長を加速させ、世界の競合と戦って勝ち抜いていくことを全面的に後押しします。
今年度のプログラム参加スタートアップの公募は終了しましたが、毎年5月頃に募集があるようですのでご興味のある方は時々サイトを訪問してください。また、「メンタリングチーム」の専門家の募集は2024年2月29日まで受け付けていますので、興味のある方は募集要項をご確認下さい。

詳細につきましては以下URLをご参照ください。